TOP

研究・社会連携

理事長特別研究・学長特別研究

理事長特別研究・学長特別研究

本学の学術研究戦略の基本指針に基づき、平成24年度から創設された、学術研究及び、教育・運営にも活用できる研究を推進することを目的とした本学独自の研究助成制度です。
 交付を受けた課題については、より良いプロジェクトとなるよう助言を行い、毎度末に中間評価を行い、中間評価の結果によっては、研究期間の短縮、研究費の減額の対象となる場合があります。

理事長特別研究

本学の研究成果を広く社会に還元すると共に、本学の教育研究及び運営にも積極的に活用できる研究を推進することを目的として、組織運営、危機管理、人事管理、広報管理、教育方法、教育支援、研究支援等の本学の教育研究活動及び運営に対して、直接的または間接的に活かすことができるものを研究テーマとし、平成24年度に募集を行い4件採択されました。
研究課題 研究組織 研究期間
研究代表者 部科校(●は主幹学部)
(/以降は職員所属部科校)
電力削減と教育環境整備の両立を目指した省エネルギー型キャンパスの創成に関する総合研究 教授
鈴木正彦
●文理学部、理工学部、工学部/文理学部、理工学部、工学部、本部管財部 3年間
H24・25・26
日本大学の自校史教育における教育担当者養成の実践的研究
-建学の精神の実現をめざして-
教授
加藤直人
●文理学部、医学部、生物資源科学部/医学部 3年間
H24・25・26
キャリアウェイ~理系女子学生のキャリア教育と活躍促進のための環境整備に関する研究 教授
落合豊子
●医学部、文理学部、理工学部、工学部、生産工学部、歯学部、松戸歯学部、薬学部、生物資源科学部、短期大学部、豊山女子高校/生産工学部、本部校友会事務局 2年間
H24・25
日本大学におけるeラーニングの戦略的活用の研究
-高大連携、入学前教育、学部教育そして大学院教育等におけるeラーニング導入の必要性とパイロットプログラムによる実証的研究-
教授
福田弥夫
●通信教育部、法学部、文理学部、商学部、理工学部、松戸歯学部、大学院総合社会情報研究科、日大高校、櫻丘高校、山形高校、豊山女子高校、明誠高校/商学部、通信教育部、本部学務部、本部管財部、管財部IT管理課 3年間
H24・25・26

学長特別研究

日本大学学術研究戦略の基本方針、理念、目標をもとに継続して学術研究を推進している中、学長が社会や本学の状況を鑑み、特に重点を置くべきと考える研究を優先的に推進するため、「日本大学のもつ学問領域の幅広さを活かし、未来の地球環境、ヒトの生命、生活のために求められる、あるいは新たに提案する総合的・統合的な研究」を研究テーマとし、募集を行い平成24年度に2件、平成25年度に1件が採択されました。
研究課題 研究組織 研究期間
研究代表者 部科校(●は主幹学部)
高齢化社会におけるインフルエンザ感染および重症化対策の総合的研究 教授
橋本 修
●医学部、理工学部、工学部、歯学部、松戸歯学部 3年間
H24・25・26
遠隔医療システムを活用したアジア基盤型EBM研究の構築 教授
中島一郎
●歯学部、医学部、生物資源科学部 3年間
H24・25・26
N. (エヌドット)国際救助隊による災害復興、教育 支援のための学生「絆」プロジェクト 教授
木村政司
●芸術学部、理工学部、工学部、生産工学部、医学部、歯学部、生物資源科学部、短期大学部、習志野高校 2年間
H25・26